うど入荷

少しずつ夜が明けるのが早くなってきたね~」なんていう、朝のあいさつが交わされるようになった青果の競り場。
まだまだ路肩にうずたかく積まれた雪山は、いつになったら解けるのかと心配してしまいそうですが、そんなことを和らげてくれる春の顔が入荷しています。
そうそれは山菜。芽吹いたさまざまな若葉やつぼみ、茎などが春の訪れを感じさせてくれます。

道南のJA新はこだてから「ウド」が顔を見せてくれています。

入荷しているのは、ビニールハウスで収穫された北斗市上磯地区のもの。アクが少なく食べやすいと人気があるのだそうです。

PAGE TOP